スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「D」

今日まとめて3つのレポートが返ってきました。
文法3の第4課題がなんと「D」判定
すなわち再提出です。
大急ぎで書いたせいもありますが、課題理解というか、担当教員の意図を理解していなかったのが原因です。
1通出した後、2週間後に3通まとめて出したのが間違いでした。返ってきたレポートの評価を見てから出せば、こういうことにはならなかったんです。でも、返却されるのが遅くて、科目試験の申し込み間に合わないので、1ヶ月1教科を目安にレポートをまとめて出すことが多いのです。
課題は「日本語の複文前件と後件の関係にはどのようなものがあるかを具体的に挙げ、それぞれの意味と用法を例文を用いて説明しなさい。」です。
文句を言わせてもらえば、私はそのうちの「条件」を挙げました。たった2,000字でまとめるには、4つも5つも挙げては例文表示しかできないと考えて、あえて「条件」にしぼって詳しく述べたつもりです。課題のどこにも「中上級の表現を」とは書いてないので中級程度の例文を挙げたのですが、それもダメだったようです。悔しいな。
1通でも再提出があると、配布されたレポート用紙が不足して10通セットを購入しなければなりません。
1円たりともこの学校(団体)にお金を落としたくないのに・・・
だめ、だめ。こういう気持ちでは、いいレポートが書けるはずがないですね。反省して今度はA評価もらえるよう立派レポートを書きます。もう、やだなぁー。
スポンサーサイト

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

~と思われる

今日クリーニング屋さんに洗濯物を取りに来てもらいました。
スカートに金粉のようなものがついていて、手でこすっていたところクリーニング屋のお兄さんが
大丈夫かと思われます」と言いました。
これを聞いた瞬間、無責任な感じで何かヘンと思いました。
「思われる」というのは「見える」「聞こえる」などと同じ自発形の動詞です。
論文や天気予報で言うことばで、汚れが落ちると思うと言うときにはちょっと大げさに思います。
今回は、少し自信ありません。
どなたかご意見をいただければうれしいです。

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

お手の内

先日新しい化粧品を2つ買いました。1つはしみ、もう1つはアンチエイジングの美容液です。
さっそく効果を期待して、火曜日からつけ始めました。水曜日に皮がポロポロとはがれた。これは古い角質が落ちたのねと1人で納得。木曜日、なんか痒いな、ポリポリ。でもまだつけていました。金曜日、えー顔一面にブツブツが!さすがにやめました。でもどっちの化粧品が合わなかったのかわからない。
月曜日まで様子を見たけど、よくなる気配なし。とりあえずその化粧品会社のカスタマーサービスに電話をしました。
そこで、聞いたヘンな日本語。

続きを読む

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

科目試験

6月の科目試験を受けてきました。
文法3です。またまたヤマがバッチリあたりました。私は小学生の頃からこのヤマはりだけはうまいです。
しかし、いくらヤマが当たっても勉強してなければ意味なし。
これは小学生時代からの課題。今回もまさしくそれでした。ヤマを張った部分だけ3,4日前にノートにまとめたのですが、まとめただけで勉強する時間がなくなってしまって、そのまま今日試験を受けました。
うーんCぐらいはもらえたかなぁ。
もっと勉強しなくちゃいけないな。

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

なんでぇ?

今日先月受けた「日本語の表現」の試験結果が来ました。なんとBでした
ヤマも1問当たって、けっこう自信あったのに。この先生、レポートの採点は甘いのに試験は厳しいんだわ・・・。
まっ、しゃあなないな。
今週末「文法3」の試験を受けるのですが、まったく勉強してません。文法はことばで説明するのが難しくて嫌いです。

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

つい習慣で・・・

新聞代の集金のおじさんが来ました。
私が細かいお金を間違って出したら、おじさんが「これをあげるから」と私が出した50円を返して、「30円あげます」て言いました。
私は、「あげる」はへんだと思い「お釣りをあげますというのは失礼ですよ。この場合は、渡すと言います。」と言ってしまいました。
習慣て怖いですね。相手は日本人なのに、つい。
おじさんも「そうですね。あげるはおかしいですね。」と言ってました。
でも「おつりをあげる」という言い方をする地方もあると聞いたことがあります。
「あげる」というのは、受け手または話し手が「いいもの」と思った物に使うので、お釣りは当然受け取るべきものであるから、使えないのです。
そういえば、母が仙台で「お釣りやっから、待ってろよ。」と言われて腹が立ったという話をしていました。
ツアー旅行に行くと添乗員さんが「時間をあげます」て言うのも気になります。
いちいち気になることばかりで、困った性格です。

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。