スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わった?習慣

こちらも家に入るときは、くつを脱ぎます。ただし、玄関ドアの外で脱ぐ家がほとんどです。
家族の靴は靴箱のようなものがドアの外に置いてあり、そこに入れます。
来客のあった日には、ドアの外に靴が散乱しています。
日本のように、脱いだ靴をきちんと揃えるという風習はありません。
バリでも同じような風景をみました。

問題は靴下です。
シンガポールではなぜか、家にはいる時靴下も脱ぐのです。そして、脱いだ靴下は靴の中に入れておかなければならないようです。
日本ではよそ様のうちへ素足で上がるほうが失礼な気がしますが、こちらでは脱ぐのが常識だそうです。
帰るときは、またその靴下を履いて靴を履きます。
靴下は靴の一部と考えているようで、靴を脱ぐときに一緒に脱ぐものだそうです。
この習慣は、家の中で靴を脱ぐ地域では当たり前なんでしょうか?
私にはとても不思議に思う習慣です。



スポンサーサイト

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。