スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅事情

東京23区に450万人も住んでいるため、ここシンガポールも家賃が高い。
東京なみ、いやもしかすると東京より高いかもしれない。

シンガポール人は結婚するまで親と住む。
どこに住んでも通学・通勤圏内だから、当然だわね。
よって一人住まい用のワンルームの部屋がほとんどなく、2部屋以上の部屋が普通。
庶民が住むHDBは狭いところでも2BD+メイド部屋+リビングルーム。
これで家賃がS$1,800シンドルぐらい。だいたい12万~13万円。
日本の物価に換算すると18万円ぐらい。
もちろん一人で住めるはずはなく誰かとシェアすることになる。

このHDBの話。
各部屋の台所のシンク下にダストシュートがある。
これは便利といえば便利。恐ろしいといえば恐ろしい。
ここを開けるたびに私は小さい黒い物体と遭遇する。

先週HDBの全体駆除デーだった。
半年に一度、いや1年に1度かもしれない。
フラットメイトの話では、エレベーターを降りて1Fに行くと一面に黒いものが・・・
それはおれは、世にも恐ろしい光景だったそうだ。
1Fにいつもいる図太そうな野良猫も逆毛を立てて震えていたそうな・・・

私は幸いそのすさましい光景を見ずに済んだ。
しかしその翌日、シンク下に置いてある洗剤を取ろうと扉をあけたら
ゴキが10匹ぐらい死んでいる。

HDB暮らしは恐ろしい。
コンドは毎週駆除をするので、こんなことはないのに家賃はただ取らないてことか。

スポンサーサイト

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。