スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つい習慣で・・・

新聞代の集金のおじさんが来ました。
私が細かいお金を間違って出したら、おじさんが「これをあげるから」と私が出した50円を返して、「30円あげます」て言いました。
私は、「あげる」はへんだと思い「お釣りをあげますというのは失礼ですよ。この場合は、渡すと言います。」と言ってしまいました。
習慣て怖いですね。相手は日本人なのに、つい。
おじさんも「そうですね。あげるはおかしいですね。」と言ってました。
でも「おつりをあげる」という言い方をする地方もあると聞いたことがあります。
「あげる」というのは、受け手または話し手が「いいもの」と思った物に使うので、お釣りは当然受け取るべきものであるから、使えないのです。
そういえば、母が仙台で「お釣りやっから、待ってろよ。」と言われて腹が立ったという話をしていました。
ツアー旅行に行くと添乗員さんが「時間をあげます」て言うのも気になります。
いちいち気になることばかりで、困った性格です。
スポンサーサイト

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

「てあげる」も多いですよね

初めまして、左近と申します。
「あげる」もそうですが、「~てあげる(やる)」を無意識に使う日本人も多いですよね。日本語教師は変に言葉に敏感で、自分でも嫌になるときがございます。

本当に

「てあげる」をむやみやたらと使うのには辟易しています。
エアロビのインストラクターが「ハムストリングを伸ばしてあげてください。」なんてよく言ってます。気にしない、気にしないと心に言いつつ、気になっています。v-17
プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。