スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会言語学

私が専攻しているコースで、最もやっかいな科目が「社会言語学」です。私もご他聞に漏れずレポート課題で再提出をいただきました。
再提出のときに参考にした本が、よかったので紹介します。
応用言語学事典
小池 生夫編集主幹
研究社 (2003.4)
通常2-3日以内に発送します。

教材解説にもあった本なのですが、一度目のレポートの時は参考にしなかったのです。この本は日本語教育に必要な語彙事典と言ってもいいものです。でも、お値段が・・・
もっと早く見ておけばよかったと後悔しています。
スポンサーサイト

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

応用言語学をチェック!

応用言語学応用言語学(おうようげんごがく)とは、 言語学の応用として、狭義には言語の習得、教育などを研究対象とする学問のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License

応用言語学をチェック!

応用言語学応用言語学(おうようげんごがく)とは、 言語学の応用として、狭義には言語の習得、教育などを研究対象とする学問のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。