スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信教育をはじめたのは

カテゴリを、ちょっとかっこつけて英語にしてみた。「通信教育」とするのが、ちょっと恥ずかしかったから。
わたしは、4年生大学卒業資格が必要で、通信制大学の日本語教員養成コースで勉強している。日本語教師は、「大卒」が必須条件になってきているからだ。通信制大学で日本語教員養成コースがあるのが、この大学だけ。随分悩んだがやむを得ず、この大学で勉強することにした。
去年、初めてスクーリングに参加したときのこと。わたしは、教育と宗教と政治は、別のものだと思っていた。教授がいきなり「例の人」の話を延々とする。わたしは「例の人」のことを尊敬していない。わたしの家族や友人達は、その人の名前を言うときは、フルネームで敬称なしで言っている。はっきり言ってどうでもいい。それより早く講義を聴きたい。
やっと1時限目が終わった。そのとき、驚いたことにみんな拍手しているのだ。これは講演会だったの?この大学を選んだことを、ちょっぴり後悔した。

初めてのスクーリングは、少人数だったせいもあり、あまり異質な雰囲気はなかった。しかし、2回目のスクーリングは受講者が300人以上いた。これだけの人が集まると、独特の世界が出来上がる。まるで異国の地に1人でいるような疎外感を感じた。決してお仲間にはなりたくないが・・・。
この教授も冒頭の1時間、また「例の人」とそのとき初めて名前を聞いた人の話をする。あとで聞いたのだが、わたしが初めて名前を聞いた人は、一般人にも有名な人らしい。わたしが無知なだけだった。みんな目がきらきらと輝いている。これが「マインドコントロール」というやつ?
そのとき一緒になった人は、信仰すると人生が変わるよって言ってた。
まぁ、わたしは変わりたくもないし、今不幸でもないのでいいや。
そうそう、例の人の名前をいつものクセで、フルネームの敬称なしで言ったら、その人の顔がひきつった。
なんだか、こわーい4日間だった。

新しい教科書も届いたことだし、勉強しなきゃ!絶対二年で卒業して、早くこの世界から脱出するのだ。年間計画をたてた。うまくいくかな?
スポンサーサイト

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ホント早く脱出しましょう!

私はもうスクーリングに行く事もないと思うと、ホントに"助かったぁ~"という気になりますね。
よくぞ洗脳されずにここまで来れました!って。
最後のスクーリングでは、某先生が「あら、あなた独身なの?良い男性がいるわよ!詩人でね・・・」なんて言ってきたので
ちょっと乗りかかりましたが「ちょっと待てよ!先生の知り合いってことはその人も・・・」と思って、笑ってその場をごまかしました。
こうやって会員が増えていくんでしょうかね?
こわいわ~。
プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。