スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他民族国家

シンガポールが多民族国家として世界に知られていますが、一番それを認識するのが祝日だと思います。
毎年決まっている祝日は、1月1日、5月1日、8月9日、12月25日で、あとは中国暦、インド暦、イスラム暦のカレンダーによって決まるので、毎年まちまちです。
2008年は・・・

今日は"Good Friday"キリスト教の祝日です。
町ではイースターエッグのチョコレートを売っているのが目立つぐらいで、いつもと変わらない様子です。

5月19日はVesak Dayでお釈迦様の誕生日か悟りを開いた日かにあたる仏教徒の祝日です。この日は殺生をしてはいけない日だそうです。
私もあやかって、覚えていたらこの日はベジタリアンになろうと思っています。

10月1日Hari Raya Puasaは、イスラム教のお正月。断食明けを祝う日です。
10月28日Deepavaliは、 ヒンズー教のお正月です。
12月8日Hari Raya Hajiは、イスラム教徒の巡礼の日です。

シンガポールは1年に4回お正月があって、一番にぎやかなのは、Chinese New Yearです。国民の70%がChinese系なので、かなり盛大です。
ちなみにクリスマスは、日本と同じでお祭りムードです。

ここへ来て、お互いに宗教や文化には干渉しない(どちらかと言うと無関心に感じます)ことが、「異文化共生」の条件だということを実感しました。
異文化理解関係の本にはよく、お互いに「尊重して」と書いてありますが、それは理想論で「関知しない」と言ったほうがこの国では強いように思います。
実際シンガポール人に「今日は何の祝日?」と聞くと答えてくれますが、
「今日は何をするの?」と聞くと、
「わかりません」と言います。

この他民族国家を一つにまとめるために、国が厳しいルールができたそうです。
スポンサーサイト

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。