スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新方言

お友達と言ってもかなり年配なんですが、その女性は度々へんな日本語を言います。
今日は「○○さんは、丈夫い体でええやんか。」「えらそく言うて。」「あれは着づらいね。」と言ってました。
「動詞+づらい」は、前にも書きました。
近頃の流行で、彼女は流行に敏感だということにしておきます。
しかし「丈夫い」と「えらそく」は初耳です。おそらく彼女のオリジナルではないかと思うのですが。
九州方面で「上手い」という言い方があると本で読みました。これと同じかしら?
大阪では「な形容詞(形容動詞)+い」と言う人は、この人以外にいないんじゃないかな。
「えらそく」は「えらそうに」と言うべきところを形容詞のように言ってるんですね。
新方言は、若者が創るものと思ってたけど、会うたびに新しい言葉を話す彼女は若いんですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

隊長

Author:隊長
台湾で日本語教師をしています。
中国語に悪戦苦闘の毎日を送っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。